私が高校生の頃にしたバストアップ方法

 

私が高校生の頃、周りが認めるほどの貧乳でした。胸板が男性のようにぺったんこで、それがとても悩みでした。
特に体育の授業は、胸が強調されますから毎回毎回本当に嫌でした。大きくユサユサ揺れる胸の子が羨ましくて、思わずジーッと見ていたり。

 

そこで、友人達には内緒で胸を大きくする方法を自分なりに調べ始めることにしました。
少しでも良いから膨らみがほしいという気持ちで。今思い返せばとても微笑ましいですが、あの頃は必死でしたね。

 

私がまず初めに目がいったのは、サプリメントでした。胸が大きくなるというサプリがあると、友人が話しているのを聞いたことがあったのです。

 

しかし、それを買うにはお金が必要ですし、持続出来なければ意味がありません。アルバイトをしていなかった私にはキツイ話でした。
母になんとなしに相談してみたら、若いうちから薬なんて飲んだらいけません!と叱られました。確かに母の言う通りです。体作りに一番大切な時期に、あまりおかしなことはしない方がいいと悟りました。

 

もっと体に良くてお手軽なやり方を、と色々調べました。
すると、胸を大きくするにはたんぱく質が効果的だということを知ったのです。
高たんぱく、低カロリー。この食材を見つければいいのだと。

 

すると、鶏のささみがヒットしました。ささみはダイエット食にも使われたり、男性が筋肉をつけるために食べる食材でもあることを思い出しました。それに、ささみは値段も安いので、これなら経済的にも大丈夫そうです。

 

私はそれから鶏のささみを毎日食べました。間食も鶏のささみにしたほどです。ささみは茹でただけだと美味しくないですが、ポン酢をつけたり、醤油をつけたりしていろんな味を楽しみながら食べました。母もこのやり方には賛成だったようで、ささみを使った料理をたくさんしてくれました。

 

食べ始めて半年ほど経った時のことです。なんとなしに胸の膨らみが出てきたような気がしました。本当に微妙な違いでしたが、私は飛び上がって喜びました。

 

それからはささみプラス運動もしっかりするようにして、お風呂では胸をマッサージしました。どれも自己流です。

 

努力の甲斐あって、高校卒業する頃には見違えるほど胸が大きくなっていました。すごく大きいほどではないですが、形も大きさもすごく気に入っています。

 

ただ私の周りの友達はこのサプリで2カップアップ胸が大きくなっていたので、短期間で2カップ以上のバストアップを目指すのであれば高校生に人気のバストアップサプリもかなり期待できると思います。プエラリアが入っていないので安全にバストアップできるのが人気みたいです。

関連ページ

離れ乳が治った
離れ乳が治った私のバストメイクテクニックを紹介します。